五胡十六国時代 前燕の落日㉗ 四代目慕容暐 ~前燕滅亡への道~ 前秦の前燕侵攻

中国史

こんにちは。

369年も終わりに迫ろうころ、鮮卑慕容部が建国し、華北東部を勢力におさめる、前燕という国は滅亡の危機が訪れていました。

東晋の桓温の第三次北伐を、五胡十六国時代でも比類なき軍才を持つ、慕容垂の用兵でしりぞけた前燕でしたが、人傑(多くの人の中で特にすぐれた人という意味らしい)である二人、前秦の苻堅と王猛から虎視眈々と侵攻の機会を狙われ、国内の政治もいろいろな面で矛盾を抱え、民衆の不満も溜まっておりました。

このような状況を憂い、前燕の心ある臣たちは、皇帝・慕容暐や、太傅・慕容評へ前秦への備えや、政治の改善を訴え出るですが、肝心の国のトップたちが、国が危機に瀕していることなど思ってもおりません。

とくに慕容評のジジイの政治的耄碌ぶりは凄まじく、すべての訴えに「ノープロブレム」とスルーを決め込みます。さらには、銭を貪り、私服を肥やすことばかりに力をそそぎ、前燕国内はけっこうボロボロでした。

そこへ、前秦に対して大失敗の外交を行い、前燕は滅亡の道を突き進むことになってしまいます。

五胡十六国時代のおおまかな流れはこちら

五胡十六国時代を含む、魏晋南北朝時代のおおまかな流れはこちら

五胡十六国時代を描いた小説。前燕の慕容垂、慕容徳、慕容評も出てくるぞ↓↓


苻堅と王猛: 不世出の名君と臥竜の軍師 (祥伝社文庫

前燕、「枋頭の戦い」時の、前秦の援軍に対しての見返りを反故にする

桓温が前燕を攻めた第三次北伐、すなわち枋頭の戦いのときに、前燕は前秦に援軍を頼み、前秦はこの要請を受け入れ、苟池と鄧羌の二将軍に2万の兵を率いさせ出兵させます。

この援軍は、枋頭の戦いの最終局面で慕容垂にやられて虫の息の東晋軍に、追い打ちをかけ壊滅させるという、ほぼほぼ漁夫の利攻撃で大戦果を上げました。

このときの援軍を出してもらう見返りとして、前燕は前秦に、虎牢関以西の地を前秦に割譲しますという約定を結んでいました。

虎牢関は、ご存知三國志でも有名な、洛陽盆地の東を守る有名な関です。成皋関とも呼ばれていました。この地の以西ということですので、洛陽エリアをまるまる渡しますよという内容です。

ただでさえケチな慕容評です。東晋軍を退けると土地を割譲するのが惜しくなってきました。

そこで、慕容暐名義でこのような内容を苻堅様に伝えます。

「ああ、この前洛陽をあげると言ったのは使者の言い間違いだから。国を保つ者同士、困ったときは助け合うのは当然だよね。なので、洛陽をあげる話は無しということで。よろしく!てへっ」

これを聞いた苻堅様は大激怒です。

すぐさま、輔国将軍王猛、建威将軍梁成、洛州刺史鄧羌の、前秦が誇る司令官たちに3万の兵を率いさせ369年12月、件の洛陽へ攻め込みました。

前燕の約定違反に対する苻堅様の激怒の裏で王猛が暗躍している

前燕のムカつくばかりの約定違反に苻堅様は大激怒し軍を発しました。

しかし、苻堅様は心の中ではニヤニヤが止まらなかったでしょう。そろそろ前燕攻めようかなと思っていたところに向こうからわざわざ侵攻の口実を与えてくれたのですから。

そして、この絵を描いたのは、怪物・王猛に間違いありません。

思えば、前燕が援軍を依頼してきたときから、王猛の頭には今回の侵攻までの絵が描かれていたのかもしれません。

前燕への援軍に秘められた王猛の狙い

前燕から援軍依頼の使者が来たとき、群臣の誰もが、桓温が前秦に攻めてきたときに、援軍を送らなかった前燕なんぞに援軍を送るべきではないと言っていたのに、王猛だけは送るべきだと進言しました。

そのときにこのようなことを苻堅に言っています。

・・・今は燕国と力をあわせ、桓温を退却させることが先決です。桓温を退却させれば、燕国はいつもの病、すなわち慕容評の猜疑心による内輪の揉め事が再発すること間違いありませぬ。そうなってから、我らはその燕国の内輪もめを利用し奴らを併呑してやればよいのです。

この王猛の予見とおりに、枋頭の戦いのあと、内輪のもめごとで慕容垂は出奔し、前燕国内は混乱に陥ります。

援軍を送るという一手だけで、前秦はこの後発生する前燕侵攻のためのいくつもの利を手に入れます。

・前秦の援軍は、洛陽から潁川エリアに進行したので、進行路の地形や前燕国内の防備体制などがわかった。(皇甫真も慕容暐への上疏で指摘しています。)

・桓温に攻められて前燕は大ダメージを受けたが、その桓温にも大ダメージを与えることにより、前秦だけがダメージを受けていない状態になった。

・前燕が勝利したので、上記の目論見通り前燕国内で内輪もめが起こり、慕容垂が出奔し、しかも前秦に加入した。(ただし、王猛は慕容垂を殺そうとしている)

・援軍に対する見返りを前燕が拒否することにより(慕容評のどケチな性格上こうなることを読んでいたのでは?)、前燕進行の口実が簡単に手に入った。(一応表向きは友好国なので)

一石で何鳥も撃ち落とす、鬼の一手だったことがわかります。

王猛ならここまで読み切って苻堅様に援軍を進言したのではないかと思ってしまいます。

369年12月に出陣した王猛率いる前秦軍は洛陽盆地に攻め入り、前燕との洛陽攻防戦に入ります。

NEW!! 魏晋南北朝関係で、今巷で話題の書籍↓↓


侯景の乱始末記──南朝貴族社会の命運 (志学社選書)

【参考文献】
三崎良章『五胡十六国、中国史上の民族大移動』【新訂版】(東方書店、2012年10月)

川勝義雄『魏晋南北朝(講談社学術文庫)』(講談社、2003年5月)
『晋書』『資治通鑑』

 

その他、五胡十六国時代・魏晋南北朝時代が概説的に読める書籍たち↓↓


中華の崩壊と拡大(魏晋南北朝)


中国文明の歴史〈4〉分裂の時代―魏晋南北朝 (中公文庫)


大唐帝国-中国の中世 (中公文庫プレミアム)


隋唐世界帝国の形成 (講談社学術文庫)

コーエーテクモゲームスの「三國志13」のイラストを惜しみなく掲載したイラスト百科。内容的にも、多くの人物・合戦の紹介、「正史」「演義」どちらも踏まえたストーリー&エピソード説明ありとボリュームたっぷり!! ↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました