後趙

石勒

石勒 五胡十六国時代の黒き英雄王 第二部「漢の将軍として戦う」④ 309年~310年 劉淵の死

こんにちは。 劉淵の漢は、劉聡を中心に南方方面の経略を進めていき、石勒を中心に東方方面の経略を進めていきました。 そして、南方方面では、劉聡率いる漢軍の主力が、晋の帝都・洛陽への攻撃をいよいよ開始しました。 しかし、この洛...
石勒

石勒 五胡十六国時代の黒き英雄王 第二部「漢の将軍として戦う」③ 309年 漢の洛陽攻撃

こんにちは。 309年に劉淵率いる漢は南方への進出に力を入れていきます。 南への交通に優れる平陽への遷都、黎陽など黄河北への進出、并州上党郡の壺關の攻略など、次々と南方経略を進めていきます。 また、劉淵から東方経略をまかせ...
石勒

石勒 五胡十六国時代の黒き英雄王 第二部「漢の将軍として戦う」② 309年 石勒、参謀・張賓をゲット!

こんにちは。 石勒は、劉淵率いる漢に帰順したあと、すぐ将軍として抜擢され、主に関東(河北エリア)の攻略をまかされ、河北の中心都市・鄴を陥落させるなど、武功を挙げていきます。 漢は、本拠地である山西エリアから南へ向けての進出を試み...
石勒

石勒 五胡十六国時代の黒き英雄王 第二部「漢の将軍として戦う」① 308年 漢の南方と東方への侵攻

こんにちは。 晋の天下が、八王の乱や永嘉の乱などの混乱で揺れ動き崩壊していく中、石勒も河北エリアで勃発した「公師藩の乱」に参加をしてデビューすることに成功します。 「公師藩の乱」は306年9月に晋の苟晞率いる軍に鎮圧されてしまい...
石勒

石勒 五胡十六国時代の黒き英雄王 第一部「戦乱の世に降り立つ」③ 晋への反乱の末、漢へ加入

こんにちは。 前回、石勒がデビューする時代までの中国史の流れを、後漢末から晋で八王の乱が起こる頃まで簡単に書き、石勒のデビューやその後にも関わってくる八王の乱の動きについても書きました。 八王の乱の最後の4分の1、司馬亮を倒すた...
石勒

石勒 五胡十六国時代の黒き英雄王 第一部「戦乱の世に降り立つ」② 石勒デビュー時の中華の状況

こんにちは。 石勒は、羯族の部族長の家に生まれましたが、青年時代に住んでいた并州(現在の山西省)が大飢饉に見舞われ、部族は分解して散り散りになってしまいます。 そのあと、石勒は晋の王族の一人司馬騰の奴隷狩りにあい、奴隷身分に落ち...
石勒

石勒 五胡十六国時代の黒き英雄王 第一部「戦乱の世に降り立つ」① 石勒の生い立ち

こんにちは。 今回から、石勒のシリーズをはじめます。 石勒は、苻堅、慕容垂などともに五胡十六国時代を代表する英雄の一人です。(ただし、極めてダークヒーローに近いと感じている) 私が五胡十六国時代に興味を持ち始めたとき、一番...
前秦

苻堅前夜 ~前秦建国物語~ 序章 苻氏の関中侵攻 

こんにちは。 五胡十六国時代で英主と言えば、前秦の苻堅です。 諸民族の宥和を目指し、傑物・王猛を宰相にし、彼とともに前秦の富国強兵を成し遂げ、華北統一に成功した五胡十六国時代の代表する人物です。 前秦はその後、中華統一を目...
冉閔

五胡十六国時代 魔王・冉閔の冉魏建国記 滅亡編③ 最終回:魔王打倒!! そしてさらなる混乱へ・・・

こんにちは。 冉魏という魔の国を建国した冉閔でしたが、首都・鄴のすぐ北の襄國(ドラクエ的に言うと竜王の城のすぐ北にラダトーム城があるのと同じ。間を隔てる海はない)に割拠した後趙の残党・石祗を倒すために、10万の兵で出陣します。 ...
冉閔

五胡十六国時代 魔王・冉閔の冉魏建国記 滅亡編② 襄國の戦い

こんにちは。 351年1月、冉魏皇帝として冉閔でしたが、旧後趙国内の諸勢力が、ことごとく冉閔と対立、もしくは割拠していきます。 冉閔が作った魔の国は、建国1ヶ月目から分裂していきます。 鄴のすぐ近くの襄國では、後趙の残党を...
タイトルとURLをコピーしました