東京23区内の城を巡る 奥沢城

歴史

奥沢城は、今の世田谷区にあります。

守りが固い地形

世田谷城の出城として築かれました。世田谷城と同じく、吉良氏によって作られています。今はわかりにくいですが、南の台地から伸びた舌状台地上に築城されています。また当時は北側が沼地であり、平地にある城ながら、守りは固かったのではないかと想像されます。

九品仏の浄真寺だよ

この奥沢城、現在は九品仏として有名な、浄真寺になっています。浄真寺内には方形の郭跡が残っており、九品仏駅(東急大井町線)あたりから、九品仏敷地あたりまでが、城の範囲であったようです。

 

九品仏の境内は、東京都は思えないほどの緑に囲まれており、都会のオアシス的な感じになっています。実際に訪れたときも、夏の暑い季節だったにもかかわらず、緑の木々に囲まれて、周囲より境内は涼しく感じました。

浄土宗に属し、江戸時代初期の高僧珂碩上人が、徳川4代将軍、綱吉の時代に、奥沢城跡であったこの地を賜り開山しました。

九品仏には、仁王門や鐘楼などの、江戸時代からのいくつかの建物などが残っており、そのあたりを観て回るのも楽しいです。

常盤姫の鷺草伝説

また、九品仏と言って一番有名なのが、鷺草です。本堂脇に鷺草園がありますが、この鷺草には、常盤姫の哀しい伝説が残っています。鷺草は昔は世田谷区でもいろいろなところで見れたらしいですが、現在では九品仏周辺の他、数カ所でしか見れないそうです。

 

日本の城を復元イラストでイメージしたいならこちらがおすすめ!


超ワイド&パノラマ 鳥瞰イラストでよみがえる歴史の舞台 (Gakken Mook)

コメント

タイトルとURLをコピーしました