冉閔

五胡十六国時代 魔王・冉閔の冉魏建国記 地獄への飛翔編④「後趙の内乱:石遵のクーデター」

こんにちは。 後趙を強国にしつつ混乱に陥れた大魔王・石虎が没し、太子の石世が跡をつぎました。 ここで、石世の母親の劉皇后とその後ろだて的な存在の張豺が後趙の権力を握ろうと石虎の死以前から画策します。 石虎の息子の石斌と石遵...
冉閔

五胡十六国時代 魔王・冉閔の冉魏建国記 地獄への飛翔編③「大魔王・石虎の死」

こんにちは。 349年に関中エリアで勃発した高力たちを主力とした「梁犢の乱」は、関中から洛陽へとまさに「破竹の勢い」で進んで行き、成皋関(三国志の虎牢関)をも超え華北平原まで進出してきます。 後趙の迎撃軍も次々と粉砕されてしまい...
冉閔

五胡十六国時代 魔王・冉閔の冉魏建国記 地獄への飛翔編②「老羌(ちょい悪ジジイ)姚弋仲と、梁犢の乱の終焉」

こんにちは。 349年に関中エリアで勃発した「梁犢の乱」は、後趙の軍を撃破しながら、東へ進んでいき、とうとう成皋関の防衛ラインも抜き、華北平原のエリアまで進出して来ました。 後趙君主・石虎はこれを憂い、姚弋仲と蒲洪の2将を反乱鎮...
冉閔

五胡十六国時代 魔王・冉閔の冉魏建国記 地獄への飛翔編①「梁犢の乱勃発」

こんにちは。 五胡十六国時代最強の男にして、当代の英雄である冉閔が、魔の国後趙を滅ぼし冉魏という漢人の国を建国するまでの物語を書いてます。 前回、後趙の将軍として、持ち前の武力をいかし、各地の戦いで活躍する冉閔を書きました。 ...
冉閔

五胡十六国時代 魔王・冉閔の冉魏建国記 黎明編

こんにちは。 今回は、五胡十六国時代において「最強」と謳われる冉閔について書こうと思います。 冉閔は、多くの五胡十六国時代のファン(ファンの絶対数自体が多いとは言わない(´ε` ))から「最強」の武人と讃えられる人物です。 ...
中国史

自分が好きな中国史をテーマにした作品をいくつか挙げてみる(漫画編)

こんにちは。 歴史をテーマにしてブログを書いていますが、とくに中国史に関しての投稿が多くなっています。 まあもともと中国史が好きなので、どうしても中国史関係に偏ってしまうのですが、一応「歴史総合ブログ」を目指していますので、もう...
中国史の流れ

ゆるっとふわっと中国史の流れを書いてみる③ インシュウその2 東周【春秋時代】

こんにちは。 ゆるゆるふわふわの「ゆるっとふわっと」 中国の歴史の流れを書きます。 前回は、西周までを書きました。 インシュウシンカン・・・の、殷のあと周王朝がはじまりますが、周の幽王は前771年に犬戎に攻められて殺...
冉閔

五胡十六国時代の名勝負を描く 最強・冉閔 vs 名将・慕容恪 「廉臺の戦い」

こんにちは。 五胡十六国時代のいろいろなエピソードや戦いをつまんでいこうと思います。 中国史上でも最大級の戦乱の時代だけあって、エピソードには事欠かないこの時代です。(救いようがない話のほうが多いですが・・・) 今回は、五...
中国史の流れ

ゆるっとふわっと中国史の流れを書いてみる② インシュウその1 殷~周(西周)

こんにちは。 ゆるゆるふわふわの「ゆるっとふわっと」 中国の歴史の流れを書きます。 前回、新石器文化~夏まで(三皇五帝についても含む)を書きました。 今回は、いよいよインシュウシンカンの歴史に入ります。 ...
中国史の流れ

ゆるっとふわっと中国史の流れを書いてみる① 新石器文化~夏

こんにちは。 このブログ、歴史全般を扱うつもりで書き始めましたが、中国史それも五胡十六国時代がかなりの分量をしめている今日このごろです。 もう五胡十六国時代だけでいいんじゃないかと思う日もあったりしますが、まだ一応 「歴史...
タイトルとURLをコピーしました